ゴシラン

走ることについて語ります

鶴居村でXCスキーからのサ活

あー、風が強いですね。

朝からゴーゴー鳴る風の音で起こされ、テンションだだ下がりです。

 

先週降った雪により、歩道コンディション不良ということで、今日のマラソンクラブ練習会は中止。

しゃーないから、運動公園をソロで走ろうかと思っていたが、風が強くてやる気ねーなあ。

 

ということで、普段行かないようなところで、普段しないようなことをしようと、北方面へぶろんと車を走らせました。

 

 

今日はここから。

鶴居村にある「温根内ビジターセンター」というところです。

ここではクロスカントリースキーXCスキー)が無料で借りれるので、久々にウインタースポーツでもしようかと。

 

普通のゲレンデスキーなら、「レンタルスキー」+「リフト代」で1回1万円ぐらいが吹っ飛ぶが、XCスキーはタダでできるところがよい。

ケチな私にぴったりのレジャーである。

 

 

さて、行くか。

XC履くのは約10年ぶりなので、すっかり履き方すら忘れている状態であるが、まあ、なんとかなるだろ。

 

 

はー、スイスイス〜っと。

気温が低いんで、サラサラ雪で滑りやすいですな。

お、緩い下り坂だ。

ああああ、いきなり後傾姿勢になって、スキーの制御が効かん!

 

ずってーん。

 

開始200mでいきなり転んでしまった。

言い訳すると、XCスキーは、アルペンスキーと違ってエッジがないんで、制御が難しいのよ。

 

 

釧路川の右岸に出ます。

特にカッティングしてコースが整備されているわけではなく、「道なき道」を進んでいきます。

自らの道は自らのスキーで切り開くのだ。

ここまで来れば、ひたすら真っ平らの道なんで、転ぶ危険性はゼロですな。

 

 

気温はマイナス7度と低いが、天気だけはアホみたいにいいですね。

寒い中でも、青空の下で身体を動かすのは気持ちのいいものだ。

 

1時間ぐらい歩いて小休止。

スープジャーに中華スープを入れて持ってきたが、手袋を脱ぐと、指がかじかんでやってられなかったのであった。

中華スープ自体は熱々でよかったんだがなあ。

冬の野外活動は、寒さのために「止まると負け」的なところはある。

動き続けているうちは、そんなに寒くないんだが。

 

 

来た道を戻りましょう。

自分の歩いてきた2本のシュプールを眺めながら歩くのはいいものだ。

雪をかぶった雌阿寒岳もはっきり見える。

 

 

ついでに雄阿寒岳もはっきり見える。

 

 

もう一つついでに、鹿さんも散歩している。

 

尚、XCスキーというと、オリンピックでやるような「スケーティング走法」で、スキーを逆ハの字型にしながら、滑り進んでいくというイメージがあるかもしれないが、レンタルのスキーはそんな芸当はできず、脚を並行にして2本のラインを描く「クラシカルスタイル」です。

自転車に例えると、選手が履くようなスキーは「ロードバイク」で、私が借りたような、前後に脚を広げて歩くことしかできないスキーは「ママチャリ」みたいなものですな。

 

実際、時速約4kmと、歩くのとほとんど変わらんスピードだが、ツボ足では味わえない、「道なき道を切り開く」楽しさはあります。

 

 

2時間歩いて、今日の野外活動はおしまい。

せっかく北海道に住んでいるのなら、きちんとしたXCスキーを買って練習して、大会に出ればいいんじゃないかという話もあるが、釧路みたいな「少雪地帯」だと、せいぜい1年のうち2ヶ月ぐらいしか楽しむことができず、XCスキーができるようなコースもほとんどないということで、そこまで本格的にやる気はないですな。

年に1回か2回ぐらい、気分転換にやるぐらいでちょうどいいんじゃないでしょうか。

 

運動強度的には大してダメージはないなと思っていたのだが、スキーを脱ぐと、脚全体がガタッとする感じがあり、明日の筋肉痛は必至ですな。

たまには普段と違った運動をして、普段使わない筋肉に刺激を加えるのもいいだろう。

 

 

ということで、疲れた筋肉を癒やすために温泉へ。

去年の11月にできたばっかりの「つるいむら湿原温泉ホテル」に行きます。

 

新しいだけあって、キレイでサウナの設備も本格的なんだが、どうもスーパー銭湯の「おっさんくささ」に慣れきった身としては、上品すぎて何か違うなと。

サウナはセルフロウリュのある本格的なものであるが、4人しか入れず、テレビもなく、狭い空間の中で会話のない、なんとなく気まずい時間が流れ落ち着かない。

「サウナマニア」にとっては良い施設だと思うが、私は広くてテレビが見られるサウナの方が好きです。

あと、この時期に「ととのい椅子」が外にしかないのは、寒すぎてととのうことができない。

内湯にも「ととのい椅子」が欲しいところ。

 

ちょっと辛い評価を下してしまったが、平日のすいているときに行けば、エレガントでリラックスできる空間だと思います。

暖かい季節になったら、また行ってみよう。

 

さようなら、つるいむら湿原ホテル。

 

 

帰りは鶴見台で鶴の集団を見たわけだが、鶴はど田舎の畑に、1組のつがいがいるぐらいの光景が、ほどよい風情がありますな。

こんくらいごちゃごちゃしてると、何か鶴のありがたみも薄れるような気がする。

 

今日はあえて、いつもと違うところでいつもと違うことをしてみたが、どうも生活パターンを崩すと落ち着かない。

こういうところから老化は始まってくるのかなあと。

思考や行動が固まらないように、違う行動パターンをもう少し積極的に入れて、違った気づきを得ていくようにしていこう。

 

さようなら。

野付半島からの近くて遠い16km

今日は釧路を離れ、別海町に行ってまいりました。

 

 

約4ヶ月前に「別海町パイロットマラソン」の舞台となった陸上競技場は、すっかり雪に埋もれています。

しかし、そんなことはどうでもいい。

本日の目的地は、競技場のある別海町市街地ではなく、そっから更に20km以上離れた「尾岱沼(おだいとう)」なのであります。

 

 

尾岱沼は、2月12日に開催される「別海アイスマラソン」の会場となるところです。

今日は、舞台となる野付湾の海がどんな状態になっているのかを下見するために、わざわざ往復で200km以上車を運転いたしました。

「海の上を走るマラソン」が売りの本大会ですが、ホントに走れる海なのかなと。

 

まあ、でも、ただドライブして会場下見するだけってのもつまらないので、「旅ラン」要素を入れることにしましょう。

 

 

道の駅「おだいとう」に車を停めて、そっから会場である「尾岱沼ふれあいキャンプ場」まで走っていくことにしましょう。

 

 

道の駅からは、天気のいい日は、北方領土の「国後島」を見ることができます。

そんなわけで、ここの道の駅は北方領土について色々学ぶことができますが、こういう高度で政治的なことを語るのは、このブログの趣旨にそぐわないので、感想は差し控えます。

 

 

道の駅の3階は展望台になっていて、多分、国後島も見ることができるんじゃないかと思うが、写真でははっきりしない。

望遠鏡使えば見えるのかな。

 

 

建物の外には、オホーツク海に向かって「島を返せ!」と叫んでいる銅像があります。

その名も「叫びの像」って、そのまんまのネーミングですな。

 

さて、道の駅に関する説明はこんなもんにして、とっとと走り出そう。

 

9時の気温はマイナス12度と、数字だけ見ればすげー寒く感じますが、風が弱いことと、日頃、マイナス二桁の中を走っていて寒さに対する耐性ができているので、そんなに寒くは感じませんでした。

というか、むしろ「暖かいな」と思うぐらい。

海沿いだから、もっとビュンビュン北風が吹いているイメージだったんだが、ちょっと拍子抜け。

 

 

右手にオホーツク海知床半島の山々を見ながら、しっかりと固まった圧雪路面を走ります。

アスファルトが見えているところもあって、走りやすかったですね。

 

 

道の駅から3kmぐらいで、尾岱沼市街に出ます。

尾岱沼の集落は、小中学校があって、「道民のコンビニ」セイコーマートもあって、そこそこ栄えていますね。

郡部の中でのセイコーマートの存在は、道民にとって「大きな命綱」です。

 

 

5kmぐらいで、水面と氷面の境界がはっきりと現れます。

へー、こんなにはっきり分かれてるんだ。

もっと段階を追って、徐々に氷の部分が増えてくるのかなあぐらいに思っていた。

 

 

会場である「尾岱沼ふれあいキャンプ場」に到着。

素朴な疑問だが、どうしてこういう地方の施設は、やたら「ふれあい」って言葉を使いたがるのだろうか。

 

 

沖の方は真っ白で、結構厚い氷が張っているようだが、岸の方の氷は海の水が透けている感じで、ホントにこんなとこ走れるのかなと。

これから約10日間の本格的な冷え込みに期待するしかないな。

 

尚、たまたまその場にいた地元民の方によると、キャンプ場の奥にある「チカ釣りスポット」では厚い氷が張っており、ひょっとしたら、そっちの方にコースが変更になるかもしれないとのこと。

今後の動向について、マメに公式サイトをチェックして、主催者の発表に注目していきましょう。

 

icemarathon.jp

 

しかし、厚い氷が張っていると言っても、大会で100人走っても大丈夫なのかね。

イナバの物置レベルの、強力な氷が張ってくれないと非常に困るわけで。

まさか、「初の海上のマラソン大会。氷が割れて、参加者全員が海の底へ」なんてことになったら、目も当てられない。

まあ、地元のきちんとした方が運営されているので、その辺は100%大丈夫だとは思ってますがね。

 

さようなら、尾岱沼ふれあいキャンプ場。

できれば、本番の日も今日ぐらいに穏やかな天気であってほしい。

 

 

キャンプ場からは、そのまま道の駅に戻って、今日の「旅ラン」はおしまい。

道東歴8年目の私であるが、尾岱沼は今日が2回目ということで、結構新鮮だったぜよ。

まだまだ私の知らない道東はたくさんある。

 

ちなみに今日の「16km」という距離は、ちょうど「野付半島から国後島」の距離になります。

走れば約1時間半のこの距離も、地元の人にとっては、先が見えない果てしなく遠い距離。

本番では、そんな「見えない国境」に思いを馳せながら、野付の海を走っていこうではないか。

 

www.stv.jp

 

尚、この「別海アイスマラソン」については、STVラジオの朝の情報番組で1月23日(月)に取り上げられました。

1月31日(火)の午前5時まで「radikoタイムフリー」で聞くことができますので、聞ける環境にある方は聞いてみてください。

大会申込締切は1月31日までなので、まだ間に合いますよ!

 

《まとめ》

 

・会場周辺の氷はまだ薄いので、コース変更があるかもしれない。

・前日までの降雪状況に左右されるかもしれないが、氷上は思ったよりも走りやすそう。雪道に慣れている道民なら問題なく走れるんじゃないか。

・スタートから2時間ぐらいは寒いかもしれないが、昼ぐらいになると0度近くに上ることが多く、重装備だとかえって暑く感じるので、服装はフレキシブルに。今日はマイナス10度ぐらいの装備で出発したが、11時ぐらい(マイナス4度)になると暑く感じた。

 

「史上初」の海の上を走る大会ということで、正直、ペースとかどうすればいいのかは全くわからない。

何が起こるかわからないのが「第一回」の大会なのである。

色々不条理なことが起こるかもしれんが、その不条理を楽しむ心の余裕を持とうではないか。

氷が割れて海に落ちるという不条理だけは勘弁だが、それ以外のことは笑って済ませるような、そんな印象に残る楽しい時間を過ごしていきたいですな。

主催者の皆様、参加者の皆様、大会当日はよろしくお願いいたします。

 

さようなら。

運命の日は2月2日

さてさて、日本を代表するウルトラマラソンイベントである「サロマ湖100kmウルトラマラソン」。

今年に入ってからも、公式HPは全く更新されていない状態が続き、「やるのか?やらないのか?」とやきもきしていましたが、ようやく昨日、今年の開催可否の情報が発表されました。

 

saromanblue.jp

 

2月2日(木)に、詳細が発表されるとのことです。

ただ、去年も2月中に発表するって言っておきながら、3月の終わりの方まで延ばして、「結局中止かよ」って展開だったので、過度に期待はせん方がいいだろう。

 

例のアレも「2類」から「5類」に移行されることだし、95%ぐらいはやる方向で進むんじゃないかなあと楽観的に考えていますが、あんまり楽観的すぎると、残り5%になったときのショックが大きいので、今のところ「フィフティ・フィフティ」ぐらいに考えて、心のバランスを取っていきたいと思います。

 

まあ、もし中止になったとしても、柴又とかウルトラの大会は他にもあるんで、そっちに行けばいいかと。

 

 

今年こそは3年ぶりに、青空の下で、ワッカのお花畑を堪能しながら走ることができることを願って、来たる「クリック合戦」に備えたいと思います。

 

 

それまでは、「けあらし(蒸気霧)」や「蓮氷」が見られる「厳冬の釧路川」沿いを走りながら、吉報を待ちましょう。

気分は「春のセンバツ甲子園」出場校発表前の高校球児ですな。

 

そういや、今日はセンバツの出場校発表日だったんだな。

クラーク国際高校関係者の皆様、おめでとうございます。

稚内大谷関係者の皆様、今回は残念でしたね。

一時期、毎週のように稚内に行っていた身としては、最北端の地からの甲子園出場を果たして欲しかったのだが。

おっさんは、また80年代のころの「強い稚内大谷の復活」を期待してるで。

 

センバツに向けて、雪の上を走ったり、雪上のグラウンドでノックを受ける北の球児たちを見習い、サロマに向けて、日々淡々と氷点下の氷雪の上を走り続けていこうではないか。

天命を待つには、まずは人事を尽くすべし。

 

さようなら。

最強寒波は最強の練習環境

ピンチはチャンスである。

 

いきなり何を言ってるのかと思うかもしれないが、全国的な「最強寒波」に見舞われた本日。

こんな日は常識的に考えれば「ランオフ」なのであるが、3週間後に控えた「別海アイスマラソン」の練習としては絶好の条件であるのだ。

正に、「最強寒波」という「ピンチ」が、「極寒のマラソン大会の練習」という「チャンス」に転じたのであった。

 

すでに朝のゴミ投げ(北海道弁で「ゴミ出し」のこと)の時点で、走る気力を失いつつあるが、覚悟を決めて行くしかないのである。

マイナス12度のキーンとした痛い空気の中、元気に走り出すのだ!

 

 

未明に3cmぐらい雪が積もり、歩道は除雪されておらず「ラッセルラン」となった今日の通勤ラン。

しかし、雪以上に辛いのは風速10m/s級の向かい風でしたな。

写真では伝わりにくいですが、普段静かな釧路川の水面も、激しく波打っていました。

 

冷たいし、走っても走っても風に押し返されるしで、キロ7分ペースが精一杯のタフな通勤ランでした。

もちろん野付湾の海の上は、こんくらいの風が吹くことなど日常茶飯事であろうから、大会に向けてのよいシミュレーションになったと言えば、まあなったのではないでしょうか。

 

 

今日は日中も気温が上がらず、マイナス9度の中の帰宅ラン。

風は朝以上に強く、風速15m/s。

横からの突風が来たら川に落ちるんじゃないかってぐらいの風でした。

先週はアスファルトが見えるところが多くて走りやすかった釧路川左岸も、あちこちに吹きだまりができていて、とても走れる環境じゃなかったですね。

 

 

国道の歩道は夜になっても除雪が間に合わず、朝同様に「ラッセルラン」。

こういう環境で強靭な足腰を作るのだ。

 

ただ、最強寒波とは言え、日本海側と違って雪が降らなかったのは救いでしたね。

「どこかで吹雪の中を走っている変態超人がいる」と思えば、この程度の環境で音を上げるわけにはいかない。

 

 

ちなみにマイナス10度以下の環境で走るときのウェアは、こんな感じです。

裏起毛付きのウインドブレーカーと、ユニクロウルトラライトダウンベスト、その下にTシャツと、インナーに「アンダーアーマーコールドギア」の4枚重ねです。

走っている分には、体幹部はこれで十分暖かいです。

 

 

帰宅したときの部屋の気温は8度。

しばらくストーブの前から離れられませんでした。

そんな「通勤ラン6km」「帰宅ラン7km」の一日。

 

まだまだ全国的に寒い日が続きますが、雪のない地域に住んでいるランナーの皆様が「世の中にはこんなに頭のおかしい人がいる。私も頑張ろう!」と思ってくだされば、この記事を書いた甲斐があったというものです。

 

ピンチはチャンス。

 

ラソン大会は悪天候で行われることもあるので、大会前に一回ぐらいはこういう悪環境の中を走って、「あのときのこれよりはマシだった」と大会本番の30km以降で思うことができれば、きっと自分に勝つことができるのではないでしょうか。

知らんけど。

 

さようなら。

過度な有酸素運動は寿命を縮める

私はそんなに長生きしたいなあとは思わないが、恐らく生涯独り身を貫くと思うんで、寝たきり状態にならずに「寿命=健康寿命」でありたいとは強く願っている。

寝たきりになって、遠方の身内に迷惑かけたくないんでね。

 

 

んなわけで、こんな本を手にとって見た。

というか正確にいえば、kindleにダウンロードした。

 

まだ、途中までしか読んでないんだが、「これを食うな」「あれを食うな」のオンパレードで嫌んなっちゃうね。

でも、最近私が凝っている「さつまいも」については、食ってもいいというか、むしろ食うべし推奨されているので許してやろう。

 

なかなか面白い本なので、そのうち詳しいレビューを書けたらと思っているが、私が気になったのは、今日のタイトルである「過度な有酸素運動は寿命を縮める」ってとこですね。

 

私のように、頭のネジが一本飛んだ「マラソン脳」になってしまうと、「過度な有酸素運動=100マイルトレイル、1200kmブルベ」など、24時間以上身体を動かし続けて、幻覚を見るような超ハードな活動を連想してしまうが、この本の筆者によると、「ハーフマラソンや10km程度のランニング」でもよろしくなく、「ラソンを習慣にしている人は、がんにかかっているのと同じぐらい免疫力が低下している」と言い切っている。

 

マジか。

月に300〜400km走っている俺は、もうすぐ死んでしまうのか。

サロマなんかに出てる場合じゃないだろ、これ。

 

そんなわけで、今日は完全に走る気を失ってしまいました(言い訳)。

この本に書かれていることのどこまでが真実かはわかりませんが、食生活も合わせて、ちょっとだけ生活スタイルを見直していきたいと思います。

 

さようなら。

2023 1/15〜1/22 ランニング週記

北海道の中では、冬の間も雪が少なく過ごしやすい釧路ですが、先週は珍しくまとまった雪が2回も降ってしまいました。

それまでアスファルトも見えていた道は、雪や氷に覆われ、一気に走りにくい路面状況になってしまい、キロ6分ぐらいが精一杯の日々が続きますが、突然暖気がやってきて雪が一気に溶けるわけもないので、この時期は「有酸素運動の土台作り」と割り切って、のんびり走っていくしかありませんね。

 

 

週2日ランオフを入れたにも関わらず、週間走行距離は安定の3桁キロ。

土日にドカ走りをしているためか、休みの日もあんまり休んだ気がせず、若干倦怠感を感じますが、筋疲労はそうでもないので、だましだまし壊れない程度に鍛えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかでアリーナに行ってスピード練習を入れたかったが、まるでやる気なく、ダラダラジョグばっかりやってました。

もう板橋まで2ヶ月切ったんで、スピード寄りの練習に切り替えたいとは思っているのだが、自分の心に逆らってまで辛い練習をしても、精神衛生上よろしくないので、「やる気スイッチ」が入るのを待つしかないですな。

別海が終わった後の「何がなんでも次でサブスリー!」という熱い思いはどこに行ってしまったのか、あの頃の自分に尋ねてみたいです。

新しいヴェイパー様でも買えば、少しはやる気が出てくるのかな。

今月は誕生月なので、NIKEの15%オフセールで「NEXT%2」をゲットしようかなあとたくらんでいます。

 

 

私が9年前に住んでいた、道北の「豊富町」より「ふるさと納税の返礼品」が届きました。

豊富在住時は、写真のものは一個も食ったことがなかったのだが、どういうわけか返礼品を食っているうちに、「また豊富に行きたいなあ」と思ってしまいますね。

当時お世話になった人のことを思い浮かべながら、うまいものをむしゃむしゃと食べておりました。

さんざん世話になっておきながら、結局約1年で逃亡してしまい、あのときの関係者の皆様ごめんなさい。

 

豊富町は、北海道のてっぺん「稚内市」より、南に約40km離れたところにあります。

今年は9月に行われる「わっかない平和マラソン」に参加して、ついでに豊富にも行こうかなあなどと、ちょっと本気で考えております。

そうでもしないと、なかなか道北に行こうなんて思わんからな。

 

難点は、釧路から稚内まで車で8時間以上かかることと(北海道はでっかいのだ)、稚内のマラソンは道マラの翌週で、「フルマラソン連戦」になるってことなんだがな。

まあ、こうして「行きたいところ」を考えながら、どのレースに出ようかなあと計画しているときが一番楽しいですね。

雪に閉ざされた現在ではありますが、春からの北海道の短いマラソンシーズンのことを考えながら、ニタニタと過ごしていきたいと思います。

 

さようなら。

2年ぶりの「クラブSLラン」

冬の観光資源が乏しい釧路地方でありますが、2000年より運行されている「SL冬の湿原号」は、今やすっかり冬の道東の風物詩となっており、多くの観光客を呼び込んでいます。

 

 

しかし、SLの老朽化が進み、去年は車両トラブルにより結局SLが使われることがなく、ディーゼル気動車が用いられた「DL冬の湿原号」となってしまい、多くの鉄道ファンはがっかりしたことでしょう。

まあ、私はこれはこれでSLと違った味わいがあってよかったと思っていますが。

 

今年は満を持して「2年ぶりのSL復活」ということで、昨日(1月21日)より「SL冬の湿原号」の運行が開始されました。

そこで「釧路マラソンクラブ」では、毎年行われている「SLラン」を本日行うことになったわけです。

 



昨日「サロマ練習会」で44kmとフルマラソンを超える距離を走ったにも関わらず、我がガーミンさんはスパルタで、休むことを許してくれず「キロ5分」のペース走を行えと、無理難題をしかけてきます。

そんなの無理に決まっとりますがな。

 

 

今朝の釧路は最低気温がマイナス17度と冷え込み、集合時間の10時なってもマイナス二桁気温でした。

ただ、風がない分、昨日より体感気温は高く感じましたね。

冬の寒さを決めるのは、気温じゃなくて風だなとしみじみ感じました。

 

東釧路駅より、SLが走る釧網本線沿いに通っている国道391号線を、遠矢駅に向かって走っていきます。

 

 

釧路川は郊外になると、川の水が完全に凍っていますな。

 

 

路面状況は昨日同様にガタボコ。

でもって、昨日よりも微妙にスリッピー。

転ばないように慎重に進んでいきましょう。

 

 

遠矢駅到着。

 

 

列車が通過する30分前にも関わらず、鉄橋には「撮り鉄」さんが集まっております。

これだけ人が来るんなら、JRはこの無人駅の遠矢駅に駅員派遣して、入場料取ってもいいんじゃないかと思ってしまった。

大赤字のJR北海道なんだから、こういう日ぐらい入場料取ってもバチは当たらんだろう。

 

 

クソ寒い中待っていると、SL独特の甲高い汽笛の音が響き、煙を吐き出しながら、力強く蒸気機関車がのっしのっしと姿を見せてきます。

 

 

間近に見るSLは迫力があっていいですな。

 

 

尚、冬の湿原号は、遠矢駅に停車することなく、そのまま標茶方面へと向かっていきました。

さようなら、冬の湿原号。

今年は見るだけではなく、1回ぐらいは乗ってみたいなあ。

 

SL冬の湿原号は、3月21日までの原則、金〜日曜、祝日に運行されます。

詳しいことについては以下のJR北海道のサイトをご参照ください。

 

www.jrhokkaido.co.jp

 

SLを満喫しながら、今日は18kmの「観光ラン」。

タイムとか考えずに、こうして列車を見るために走りに行くのもいいものです。

昨日と合わせて62kmと、サロマに向けてよいセット練ができたのではないでしょうか。

本日もクラブの皆様、ありがとうございました。

 

サロマ練として、3月になって雪がなくなったら、50kmぐらい離れた標茶まで、「SLを見に行くラン」をやってもいいかなあと思っています

思うだけで、多分やらないと思いますが。

 

 

今日も走った後は、スーパー銭湯でサ活。

ここの銭湯は冷水風呂の温度がキンキンで、ととのい度が5%アップする。

 

さて、いい感じで身体もあったまったし、今日はさっさと寝て、また明日からの日常に向けてエネルギーを充填しよう。

 

さようなら。