ゴシラン

走ることについて語ります

「2021カムイの杜トレイルラン」参加記(その1)

さてさて、レースより一週間開いてしまいましたが、忘れないうちに(と言うか、もうすでに忘れかけているが)レースレポなどを書いていきましょう。

 

今回は初めてのトレランレースということで、目標タイムもクソもなく、「倒れないで完走できればそれでよい」と控え目な目標にしました。

 

f:id:gossy54200:20210726190128j:plain

 

天気はものすごくよく、と言うかスタートの8時の段階ですでに30度近くまで気温が上がり、日差しも釧路の3倍ぐらいのキョーレツな熱を持っており、スタート前からジリジリ焼けて体力が消耗される感覚がありました。

こんな天気の日に山の中でフルマラソン以上の距離を走るなど、狂気の沙汰でしかない。

 

f:id:gossy54200:20210726190200j:plain

 

 

さて、スタートです。

まず気づいたこととして

 

熊鈴めっちゃうるさい!

 

最近、北海道のあちこちでヒグマが人間の生息域に現れているということもあり、熊鈴の装着が義務付けられていたわけだが、100人近くのランナーがリンリンリンリンと80デシベルぐらいの音を鳴らしながら走っている様子はロードのマラソン大会ではありえなく、「ああ、トレイルのレースなんだなあ」と、身の引き締まる思いでありました。

熊のリスクに怯えながらの長旅が始まったわけです。

 

でもってスタート前は直射日光が強く、「こんな環境で走ってられんわ!」と思ったが、ありがたいことに、トレイルというのは木々に囲まれた森の中の道であり、コースに出たとたん木陰が涼しく感じられ、3度ぐらい体感温度が下がったような気分であった。

これならなんとか43km戦えるかなと。

 

高低差の激しいトレイルランでは「キロ○分」というのがペースの目安にならず、「大体こんなもんかな?」と自分の感覚でちょうどよいペースを探っていきます。

 

1.5kmを過ぎたところで、そこそこの上り坂が現れます。

ぐぬぬぬぬ、これを上り切るのは大変そうだなあ」と思ったところで、ロードのフルマラソンでありえない光景を目にしました。

なんと、周りのランナーが歩き出しているではありませんか!

 

え、もう歩いちゃっていいの?

 

まだ1.5kmしか走っていない段階で歩くなど、ロードの大会ではありえないことなのであるが、私はトレイル初心者である。

トレイルの世界ではこれが当たり前なのだろう。

「郷に入りては郷に従え」ということで、私も周りにならってスタスタ歩き出します。

「あー、トレランってこのくらいでも歩きまくっていいのか。楽チンだなあ」と、大きな勘違いをしていた私なのでありました。

 

歩いているから楽だなあと頭では思いつつ、高温と急勾配のため心拍は160近くまで上がっています。

ここで今日の作戦を決めました。

 

心拍数が160になったら積極的に歩く

 

と。

 

結果的にこの作戦は当たり、途中ペースは落ちつつも、最後まで休むことなく動き続けることができました。

トレランレースはロード以上に心拍数管理が重要だと思いました。

 

真夏の北海道マラソンでは2.5km毎ぐらいにエイドがあり、水分補給を受けることができますが、山奥で行われるトレイルランでは、そんな頻繁にエイドなどありません。

大体10kmぐらいに1ヶ所と、ロードに慣れた身としては非常に厳しい設定です。

エイド区間が長いので、「とにかく水だけは欠かしてはいけない!」と、水は500mlのソフトフラスク2本を持ち、エイド毎に満タンにしてもらいました。

この日の気象条件では、水1リットル持って走るぐらいでちょうどよかったです。

ちょうど各エイドで水がほぼなくなってしまうという感じでした。

 

さてさて、トレランレースはロードとは色々違って面白いなあと思いながら走ったり歩いたりしていた私ですが、一番違いを感じたのはスライド区間ですね。

参加人数が少ないこともあるのでしょうが、皆さんすれ違ったランナーに声をかけてエールを送ります。

こうした参加者同士の距離が近いことも、またトレランの魅力なのかもしれません。

 

「ああ、こういうのいいなあ」と思いながら走っていた私でしたが、非常にシャイなあんちくしょうである性格な私ですので、すれ違うランナーに声をかけようとしても、30デシベルぐらいの蚊の鳴くような声しか出せなかったのでありました。

こういう走ること以外のことについても、色々と課題の残る今回の初トレランレースでしたね。

次回は50デシベルぐらいの声を出せるように精進します。

 

そこそこのアップダウンがあった出だしの10キロ。

通過タイムは1時間10分と、キロ7分ペース。

この区間は8割ぐらいは走れていたし、ちょっとキツくなったら歩けばいいし、意外とトレイルランって楽なのかも?

これなら6時間以内で走れるんじゃないかと、甘っちょろいことを考えていた私でしたが、最初のエイドを過ぎてから「こんなの聞いてないよ〜」というぐらいの、トレイルの洗礼を浴びるのでありました。

 

(つづく)

2021年7月前半練習日記

灼熱の「カムイの杜トレイルラン」から2日経ちました。

昨日は仕事が終わった後、張り詰めていた緊張の糸がプツッと切れたかのように、1mmも動く気力もなく、泥のように眠っておりました。

まあ、昨日のところは、大過なく仕事をこなすことができただけでもよしとしましょう。

 

レースレポを書いていきたい気持ちもやまやまですが、7月前半の振り返りがまだ終わっていなかったので、ここ数日の暑さが嘘のような「涼しい期間」を振り返っていきたいと思います。

 

・7月1日(木)〜7月8日(木)

 

f:id:gossy54200:20210720185404p:plain

 

 

 

 

 

 

 

この時期は、先月の「100kmチャレンジ」の疲れも残っていて低調。

ずっと雨模様だったこともあるが、朝起きる気力もなく、夕方ランでお茶を濁す日々でした。

夕方の方が、身体が動いてタイムは出るので「やり切った!」っていう錯覚に陥りやすいのだが、低血糖状態で思うように身体が動かない朝ランの方が、脂肪を効率的に燃焼できる「長く走れる」身体になると思うで。

知らんけど。 

 

・7月9日(金)〜7月16日(金)

 

f:id:gossy54200:20210720190317p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜のトレランレースのテーパリングということで、「心拍数120前後」を意識したまったりラン。

100kmチャレンジの疲れが抜けてきたこともあるのか、ガーミン測定のVO2maxが56まで上昇して、よい仕上がりになったのではないかと自画自賛

ただ、このときの釧路の朝は、15度前後の涼しいというかちょっと肌寒い気温で、単に気象条件がよかったからVO2maxが高めに出たのではないかという話もあるが。

 

7月前半の走行距離は自転車を抜かせば135km。

今のところ「月間300」にはちょっと足りんが、一昨日トレイルで44km走ったし、4連休もそこそこ長い距離を走る予定なので、こんなものではないでしょうか。

7月後半に入っていきなり暑くなり、あまり走るのには適さない季節になってきましたが、釧路住みの分際で「暑い」などと言っていては、道外の方や道内でも内陸部に住まわれている方に笑われてしまうので、無理をしない範囲で無理をして、秋に向けての走力向上につなげていきたいと思います。

 

さようなら。

 

 

2021カムイの杜トライルラン結果

朝5時に起き、8時からもりもり走って(というかほとんど歩いて)、夕方から旭川〜釧路の長距離ドライブという長い1日が終わりました。

 

f:id:gossy54200:20210718232858j:plain

 

最高気温が33.9度だった今日の旭川

とは言え、トレイルはほとんど木陰で、風も涼しく感じ、思ったよりは暑さを感じませんでしたが、思った以上に走れませんでした。

コースロストで1kmほど余計に動いてしまいましたが、親切な参加者のおかげで、どうにかコースに復帰することができ、DNFはまぬがれました。

 

一昨日のブログに書いた「楽しむこと」「怪我しないこと」「帰りの運転のために余裕を残すこと」はクリアできましたので、あとは「明日の仕事きっちりこなすこと」をしっかりやっていきたいと思います。

 

私にとって、明日の仕事が終わるまでが、マラソン大会です。

 

詳細は後日。

 

おやすみなさい。

2021カムイの杜トレイルランまであと2日

どうも、サロマ湖100kmウルトラマラソンオンラインチャレンジが終わり、半月が過ぎても絶賛燃え尽き症候群中の私です。

 

さて、3月の故障中にうっかり申し込んでしまった「カムイの杜トライルラン」の43kmの部。

 

gossy54200.hatenablog.com

 

当初は5月23日に行われる予定でありましたが、緊急事態宣言やらなんやらで、一旦中止が発表されたのでありました。

 

gossy54200.hatenablog.com

 

ただ、こっから主催者の迷走が始まり、「いや一旦中止にしたけど、やっぱり日程を変更して実施したいから、アンケートを取る」とかメールが送られてきて、すったもんだの末、明後日7月18日に開催されることになったのでした。

色々思うことはありますが、なんだかんだ言っても、このご時世に大会が開催されることはありがたく、素直にスライドされた日程で参加表明をした私でした。

 

大会が開催されること自体はありがたいのですが、問題は明後日の開催地である旭川の気温でありまして。

 

f:id:gossy54200:20210716212255p:plain

 

スタート時間である8時からすでに25度と、完全に釧路民を殺しにかかっている気温です。

ゴールが予想される14時ぐらいには30度と、普段の生活の倍ぐらいの気温があり、熱中症にならずに生きて帰れればそれだけでよいと、目標は控え目です。

100kmチャレンジで撃沈したこともあって、ちょっと弱気になっている私です。

 

f:id:gossy54200:20210716213153j:plain

 

今日の夕方の釧路は、気温こそ19度とここ数日の中では高い方ですが、細かい霧雨と言うか、地元民の言うところの「ジリ」で、空気は冷んやり、ウィンドブレーカーを着てちょうどいいという感じです。

こんな環境でずっと過ごしているわけだから「温熱順化」などできるわけもなく、気分は北海道代表の高校球児が、灼熱の甲子園に行くような心境です。

 

f:id:gossy54200:20210716213746j:plain

 

頼みの綱は、通販で買った経口補水パウダーの「エブリサポート」だけです。

先月の100kmチャレンジのときのような、脱水症状だけは避けたいところです。

当日はこいつを10本ぐらい持って走ろうかなと。

あと、ボトルは500mlのものを2本用意しました。

ロードのマラソン大会と違ってエイドは限られているので、エイド毎にボトル満タンに水を補給したいものです。

 

f:id:gossy54200:20210716214402j:plain

 

今日の夜は、カーボローディングとして、釧路を代表するスパゲティ屋さん「泉屋」で「泉屋風」という「塩スパゲティ」を食べました。

これで普通盛りなのですが、なかなかのボリュームでありまして、すっかり腹を壊してしまい、30分ぐらいトイレと格闘していた私です。

 

今までのマラソン大会では、大会前に「泉屋風」を食べたときにいい結果が出ていたので、ゲン担ぎとして食べてみたのだが、当時とは食生活も変わり、すっかり胃がこういうものを受け付けなくなっているのかもしれません。

味はうまかったんだけどな。

これが年というものなのでしょうか。

 

今回はトレランデビュー戦ということで、目標タイムも何もなく、撃沈して動けなくなることさえ防げればそれでいいと言ったところです。

「楽しむこと」、「怪我しないこと」、「大会後の250km以上の運転のために体力を残すこと」、「次の日普通にしれっと仕事ができること」を目標に、「ああ、トレイルランもいいものだなあ」と思えればいいのではないでしょうか。

ずーっと釧路管内に引きこもっていた生活をしていたので、明日の遠征がちょっと楽しみで、気分は遠足前の小学生です。

 

今日、興奮して眠れなく、明日の移動に支障がありませんように。

 

さようなら。

サロマ湖100kmウルトラマラソン オンラインチャレンジ大反省会(メンタル編)

100kmチャレンジ大反省会の最終回は、ひょっとしたら走力以上に大事かもしれない「メンタル」についてです。

極端な話、どんなに走力があっても、50kmぐらいで心がボキッと折れると、「まだフルマラソン一本分以上あるのか…」と一気にやる気が萎え、大撃沈してしまうのがウルトラの怖さなのです。

 

《先を見過ぎてはいけない。今に集中する》

 

今回言いたいことはこれにつきます。

フルマラソンでも言えることかもしれませんが、「あと何キロ」とか先のことを考えると、それだけで脳が疲れてしまいます。

自分が機械になったつもりで、淡々と、10m先だけを見ながら心を無にして走ります。

 

英国のウルトラマラソンランナー「リジー・ホーカー」は、著書「人生を走る」の中で、次のように述べています。

 

長い道をゆくあいだ、わたしたちひとりひとりが自分の内面の深いところに引きこもっていた。もう話もせず、食べもせず、友人がバスで通り過ぎても目を合わせない。何を見つめるでもなく目を見開き、前に進み続けなければならないという思いのほかはすべて頭から消えた。自分たちがしていることに、すっかり没頭した。

 

わたしの意識は次第に内面に向かう。感覚は遠のき、外界からの刺激をすべて遮断し、この先の道も、視界に入る狭い範囲以外は目に映らない。前に進むことだけに集中し、自分の呼吸のリズムに乗る。

 

世界も、時間のすべてもこの一瞬に凝縮されている。今この瞬間に。ほかのものは何も存在しない。かつて存在したものも、これから存在するものも、すべてはこの一瞬に、そしてそのなかで動き続けるわたしの苦悩に包括される。絶対的な集中力。それが、旅のほかの部分からわたしを切り離す。 

 

そう、わたしにあるのはこの一瞬だけ。存在することと存在しないことすべても、過ぎ去ったこともこれからやって来ることも、この一瞬からなる。すべてを知り、すべてを包括する、純粋な力。わたしはわたし。わたしを貫いて走るのは、わたしよりもはるかに偉大な何かのエネルギー。ただそれだけ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生を走る ウルトラトレイル女王の哲学 [ リジー・ホーカー ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/7/11時点)

楽天で購入

 

 

イエス・キリストも「明日のことを思い煩うな。明日のことは、明日自身が思い煩うであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である」 と、「今にある」ことの大切さを訴えていました。

スタートラインから100km先のことを考えても仕方がありません。

腹をくくって、一歩一歩前に進むことにのみ集中し、その積み重ねがとんでもないところまで行ってしまうのが、マラソンの醍醐味だと思います。

 

《淡々と走り、淡々と潰れる》

 

ウルトラマラソンバイブル」みたいな本を読んで、事前に綿密にシミュレーションをして、「ここまではこのペースで走って、何キロと何キロであれを補給して」などと細かい計画を立てるのもいいのでしょうが、走るのは人間であり機械ではないので、ある程度は自分の感覚を信じて「出たとこ勝負」で行くのもありかと思います。

人間、本で得た知識よりも、実際の経験から学ぶことが多いわけですから。

 

今回は「淡々と走り、淡々と失速して、淡々と潰れ、そして、淡々と休み、淡々と歩いてでもゴールを目指す」と、極力感情を押し殺して走りました。

理由は「喜怒哀楽」を感じるのは疲れるだけで、ゴールを目指すのに無駄なエネルギーを使いたくないと思ったから。

 

江戸時代の偉大なお坊さんである良寛は「災難に逢う次節には災難に逢うがよく候。死ぬ時節には死ぬがよく候。これはこれ災難をのがるる妙法にて候」と、災難にあったときの心構えを説いています。

 

走れるときは、没頭して走る。

失速したら、失速したなりに走る。

動けなくなったら休む。

復活したら、また動き出す。

 

レース本番では、余計なことを考えず、流れに身を任せ、そのときそのときで「今必要とすること」をやっていくしかありません。

「あのときああすればよかった」と後悔するのはレースが終わってからいくらでもできるので、レースを投げ出さない限りは、どんなにゆっくりでも「淡々と前に進む」ことだけに集中するしかないのです。

「おっぱい」などの余計な思考が頭から沸き起こったら、それはすべて幻想ですので、「あ、このおっぱいは幻なんだな」ということに気づき、「今このとき」に集中しましょう。

 

って、結局ここでも「今に集中することが大事」ってことを言っちゃってますね。

 

《おすすめの本》

 

ウルトラマラソンはフルマラソン以上に「今に集中する」というメンタルが大事です。

メンタルを鍛えるのに以下の本をおすすめします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニュー・アース 意識が変わる世界が変わる [ エックハルト・トール ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2021/7/11時点)

楽天で購入

 

 

全く走ることとは関係のない哲学というか、ちょっとスピリチュアルが入っている本です。

スピリチュアルというとそれだけで拒否反応を起こす人もいるかもしれませんが、ぶっちゃけた話をすると、「ウルトラマラソンバイブル」みたいな本よりも、よっぽど役に立ちます。

ラソンのレースでは、走っているときに浮かんでくる思考は「インチキ」で、「今、ここで走っている」ということだけが真実です。

思考と自分は別物であり、「今、ここ」が大事だという概念を植え付けましょう。

 

ただ、ちょっと難しい本ですので、「東大六郎さん」という方が書いているまとめサイトを見ながら、頭で理解するというよりは、肌で感じていくのがいいのではないかと思います。

ラソンに限らず、私のように「メンタル弱い系」の人には超おすすめの本です。

間違いなく、今まで読んだ本の中でベストスリーに入る良本です。

 

ウルトラマラソンは、競技力を上げてタイムを向上させるのもひとつの喜びですが、あくまでそれは競技を楽しむ手段であって、目的ではないと思います。

ウルトラマラソンの真の目的は、時間や空間を超えた「今、ここに」没頭できることにあるのではないかと(それを「ゾーン」と言うのもかもしれんね)、私は勝手に思っていますが、それを人様に力説しても「変態」と思われるだけですので、自分の心の中にそっとしまっておきたいと思います。

 

さようなら。

一ヶ月ぶりの自転車遊びとマルシェ山花のソフトクリーム

あー、せっかく自転車買ったのに全然乗ってませんね。

もう一ヶ月も乗っていないのか。

北海道では冬は自転車は乗れないんで(猛者はスパイクタイヤ履かせてでも乗るが、私にはそこまでの熱意はない)、乗れるうちに乗っとかないとね。

 

f:id:gossy54200:20210710202137j:plain

 

スカッと晴れた海岸沿いをさわやかに走ろうなどと思っていましたが、ここは霧の街釧路。

霧で遠くはさっぱり見えませんね。

まあ、これも釧路らしくていいか。

タツムリのようにゆっくり進んでいこう。

 

f:id:gossy54200:20210710202509j:plain

 

アップダウンの激しい道を修行のように進みます。

久しぶりの自転車なのに、ちょっとハード過ぎるコースだったのではないか。

 

f:id:gossy54200:20210710202723j:plain

 

激坂を上ったら、そこは又飯時(またいとき)だった。

益浦〜又飯時の、「古き良き漁村」って感じの道が、昭和の世界にタイムトリップした感じがして結構好きだったりする。

 

f:id:gossy54200:20210710202940j:plain

 

高山のパーキングは釧路の夜景スポットです。

昼間に見てもこれと言ったものは見られませんが、内陸部は霧が晴れてますね。

 

前半40kmは、ほとんど平らなところがなく、「なぜ私はこんなひとり我慢大会みたいなことをしているのだろうか?」と虚無的になってきたので、後半は、ど平坦のサイクリングロードで自分を甘やかすことにします。

 

f:id:gossy54200:20210710203538j:plain

 

サイクリングロードには鶴がいて、めでたかったですね。

不安定な足場で一本足で立っていて、疲れないのかしら。

 

f:id:gossy54200:20210710203947j:plain

 

私はサイクリング時、基本コンビニ飯ぐらいしか食わないのだが、たまにはグルメっぽいことをしてもいいだろうと、「マルシェ山花」で休憩。

サイクルラックがあり、自転車乗りにやさしいお店です。

ここは「シフォンケーキ」で有名です。

 

f:id:gossy54200:20210710204257j:plain

 

しかし、かばんも何も持ってきていないので、でかいシフォンケーキはちょっと無理ということで、ソフトクリームを食べることにします。

 

いただきます。

 

お、なんじゃこりゃ、めっちゃ濃厚でうまい!!!!!!

 

わたしゃ、ソフトクリームなど、ネカフェの食べ放題ので十分だぐらいに思っていたのだが、牧場のあるところのソフトクリームは違うなあ。

きっと牛乳がふんだんに使われているのだろう。

しかし、同じ山花にある山花温泉のソフトクリームは、ここのほどうまくないぞ。

今までは風呂上がりに、惰性で山花温泉でソフトクリームを食っていたが、これからはちょっとめんどくさくてもマルシェ山花の方で食べることにしよう。

 

なんて、期待して二回目に食べてみたら「あれ?最初ほどの感動はないぞ」ってことになりがちであるが。

大抵の場合「お!これはうまい!」と思うのは、その食べ物に対する期待値が低いときである。

 

f:id:gossy54200:20210710205828j:plain

 

もう7月になるというのに、気温15度と、ちっとも夏らしくありませんね。

道外にお住まいの方にとっては、うらやましく思われるかもしれませんが。

7月になっても半袖が必要にならないと言うか、むしろウインドブレーカーが必要な寒い夏でございます。

 

f:id:gossy54200:20210710210345j:plain

 

本文中に書かれていたように、前半はアップダウンの連続で、後半はまったりと平坦な道を走りました。

休日の「ちょっとキツい散歩」代わりのサイクリングとしては、こんなもんじゃないでしょうか。

ただ、50kmを過ぎてくると、脚よりも手首周りがしんどく感じますね。

フラットバーのクロスバイクよりも、ドロップハンドルのロードバイクがやはり長距離は楽ですな。

なんで去年ロードバイク処分しちゃったんだろ?

 

まあ、でも、クロスバイククロスバイクなりに、シャカリキにならなくていいというお気楽感があるので、とりあえず「ゆるポタ路線」で今シーズンはぼちぼちやっていきたいと思います。

4連休は久々に自転車でどっか遠くに行って、100kmぐらい走ろうかしらん。

 

さようなら。

サロマ湖100kmウルトラマラソン オンラインチャレンジ大反省会(装備編)

100kmチャレンジ大反省会の2回目は、シューズを含めた装備について見ていきたいと思います。

 

《とは言え、あんまり反省するところはないんだがな》

 

今回は、補給とペース配分がダメダメであって、装備自体はあんまり反省するところはありません。

ロードのウルトラの大会なら、オフィシャルエイドも充実しているし、トレランほどは神経質になる必要はないのではないでしょうか。

 

今回のお役立ちアイテムは以下の3つ。

 

・シューズ HOKA ONE ONE MACH4

ZAMSTのゲーター

・ガーミン945J

 

まあ、サロマの協賛企業が「HOKA」と「ZAMST」ってことから、この2社に忖度しているところもかなりあるかもしれんがな。

 

《やはりウルトラの「HOKA」であった》

 


 

 

「マシュマロクッション」と言われるぐらいに、柔らかい厚底であるHOKAのシューズ。

初めて試してみましたが、「これはウルトラマラソンのためのシューズなのではないか!」って思ったぐらいに、足はノートラブルでしたね。

終盤でも足の裏はちっとも痛くならなかったし(もっとも、80km以降歩き倒したのもあるかもしれませんが…)、足指の爪が死ぬこともなく、かなり快適でありました。

 

過去2回のウルトラマラソンは、NIKEの厚底シューズ「ズームフライフライニット」を使いましたが、同じ厚底でも質は全然違いましたね。

NIKEは「反発力を得るため」の厚底であって、HOKAは「足を守るため」の厚底であったような気がします。

 

ぶっちゃけ10kmやハーフマラソンを、スピード出して走るのであれば、反発のあるNIKEの方が気持ちよく走れるのですが、距離が伸びると、ふんわり包み込まれるようなHOKAの優しさがわかります。 

 

とは言え、結果が出ていないんで、あんまりHOKAを過大評価するのもあれだが、次回の100kmレースではカーボンプレートの「カーボンX2」行っちゃおうかなって気になりましたね。

 


 

 

HOKAのシューズは幅が狭いので、人によって合う合わないが分かれるシューズだと思いますが、もし、足にフィットするのであれば、「ウルトラマラソンでのHOKA」はおすすめです。

 

ZAMSTのゲーター》

 


 

 

フルマラソン以上の距離を走るとき「ふくらはぎの攣り」に悩まされる私にとって、ふくらはぎをガードするゲーターは必須アイテムです。

 

以前は別メーカーのゲーターを使っていましたが、ZAMSTに変えてからは攣りの兆候が全く見られなくなりましたね。

一体、他のメーカーと比べてZAMSTのどこが優れているのかはさっぱりわかりませんが、実際に私にとっては効果があるので、今後も手放せないアイテムとなるでしょう。

 

と、ここまで協賛企業をヨイショしておきます。

何かがもらえるわけでもないのですが。

 

《電池が持つGPSウォッチ》

 

別にガーミン945Jである必要はないのですが、100kmウルトラマラソンを走るにあたり、「電池が20時間以上持つGPSウォッチ」は必須アイテムと言っていいと思います。

過去2回のウルトラマラソンは、手持ちの235Jの電池が8時間ぐらいしか持たないことから、ガーミンを使うのは諦め、GPSウォッチではない「SEIKOスーパーランナーズ」を使用しましたが、一度GPSウォッチに慣れると、もう元には戻れませんな。

 

1km毎に自動ラップを刻んでくれるのはもちろん、ペースや心拍でアラートを設定することによって、オーバーペースを防げるというメリットもあります。

 

まあ、今回は心拍だけでアラートをかけて、ペースは行きたいように行っちゃったわけですが、ウルトラは「序盤速すぎるペースよりは、まだ遅すぎるペースの方がマシ」なところがあるので、1kmあたり「想定ペースマイナス10秒」でアラートが鳴るように設定すればよかったのかもしれません。

これは装備の反省というよりは、戦略の反省なんだがな。

 

今回は「大反省会」というよりは、協賛企業に対する忖度記事になってしまいましたが、「筆を選ばない弘法大師」のような才能の持ち主でない限り、ある程度いい道具を使った方がよいではないかというお話でした。

 

さようなら。